お手入れどうする?靴のクリーニング方法

お手入れどうする?靴のクリーニング方法を紹介します



まめなお手入れが大事

靴の中でも、特に革靴はこまめに手入れをしておかないと、すぐに汚れてしまったり皮が劣化したりします。さらに、皮の素材によってお手入れの方法が変わってきますから、きちんと自分が持っている革靴の素材が何なのかを把握した上でお手入れをしましょう。

基本的なお手入れ方法は、ブラシを利用して汚れを落とします。そして、クリーナーで細かい汚れや古いクリームを落とし、新しいクリームを塗ります。ブラッシングに使うブラシの種類やクリーナーなどは素材によって変わるため、素材に合わない物を使うと逆に傷付けてしまったり、汚れを増やす事になってしまうので注意が必要です。こまめにお手入れをするだけで革靴は汚れにくく長持ちするようになるので、ほぼ毎日履く事になる社会人にとって靴のお手入れは必須とも言えます。他には、毎日同じ靴を履くことを避けるのも案です。何足か靴を用意しておき、最低でも1日は靴を休ませましょう。

革靴のお手入れを早めに行っておけば多くの期間履くことができます。新しく購入したときに防水スプレーをかけると、汚れが付いたとしても落としやすいのでぜひやっておきましょう。きちんとした知識を持ち、革靴を購入したら早い段階からこまめにお手入れをする習慣を付けておくことが大切です。