お手入れどうする?靴のクリーニング方法

お手入れどうする?靴のクリーニング方法を紹介します



革靴のクリーニング

普段から革靴を履いているとどうしても汚れは付いてしまいます。ちょっとしたホコリはもちろん、砂や泥といった汚れとも靴は無関係ではいられません。ですから、汚れてしまった時にどうその汚れを綺麗にするか、そのクリーニング方法を知っておく事で革靴を長く綺麗に保つことが可能なのです。

クリーニングを行う前には、まずクリーナーなどで落とせる汚れは落としてしまいましょう。表面の汚れをある程度落としクリーナーでの掃除が完了したら、次は布巾などで靴全体をムラなく湿らせるようにします。

革靴のクリーニングには専用の石鹸を使用します。靴を湿らせた後はこの専用の石鹸を泡立てて、スポンジなどを使い細かい部分までしっかりと洗っていきます。このとき、出来るだけきめ細かい泡を立てるように注意すると作業しやすいでしょう。その泡を使い洗っていくのですが強い力でこする必要はありません。洗っていると汚れや古いクリームなどが浮き出てきますので、それをタオルなどでふき取ります。サドルソープはクリームと似た成分が含まれているので、水で洗い流さず多少残っている程度の方が革靴にとって有効です。拭き終わった後は、シューキーパーを靴に入れ形を整えて風通しの良い屋外で陰干しをして完了となります。